思い切って脱毛してみた感想

私は、どちらかというと毛深い方で、大学生のころから自分の毛深さが気になっていました。

カミソリや毛抜きで自己処理をしていましたが、剃り残しがあったり、毎日の処理が面倒で、嫌気がさしていた時、知り合いに脱毛について相談しました。

その知り合いはすでに脱毛済みで、私と共通の知り合いも数人同じ脱毛サロンに通ったとのこと。
そして、詳しく話を聞いてみると、脱毛の効果は充分にあり、勧誘もきつくなく、断れる程度のものだったということでした。

そこで私は、思い切って脱毛サロンに電話予約をして、まずはカウンセリングを受け、脱毛体験をしました。
脱毛サロンの雰囲気も気に入り、本格的に通うことにしました。

始めは効果のほどは半信半疑だったものの、回数を重ねるうちに、明らかに無駄毛が減っていき。

自己処理の回数も、毎日だったのが2日に1回、3日に1回……と、どんどん減っていきました。
自己処理の回数が減るにつれ、肌荒れもしなくなりました。

脱毛サロンに通ううちに、施術中は私にとってとてもリラックスできる時間となり、ストレス発散の場となっていました。
自分が綺麗になっていくという満足感があったからだと思います。

脱毛が完了したころには、無駄毛はなくなり、お肌は綺麗!

もっと早くに決断して、脱毛しておけばよかったと思いました。

津田沼で脱毛サロンを探すなら、津田沼脱毛のサイトですぐにサロンの情報が手に入ります。
今はネットでいつでも検索できるからとても便利な時代ですよね。

テレビを見たら野田聖子さんが謝っていました

野田聖子さんが、自分の力不足でしたって謝っていましたね。
あれは良い仕事ですよね。国会議員の給料1000万はいくでしょう。
貯めこむという発想がない変わりに、パーティー的なものを開いたり、応援している人達からお金を集めて、それで給料以上の金を集めて、それで政界から離れるという感じですか。
よく議員さんで、特に何もやっていないのに、こうやってやめていく人いますよね。
お金が一億くらい集めるのは簡単でしょうし、そしたら家を買って、遊んで暮らせますものね。
誰かが国会中継の野次が花だなんて言っていましたが、誰が聞いてもうるさいだけですよ。
野次で金がもらえるなら、今のうるさい系の人たち、みんなやっていますよ。
お偉いさんのお金というのは実に高収入ですね。

真面目にやっている議員さんも中にはいるでしょうけど、色々大変だという噂は聞きますね。
野田聖子さんの失敗談で、途中でやめるという金が欲しいだけみたいな心理が、見え見えで羨ましいなと思います。
因みにテレビで笑われるような事をされても、本人は恥ずかしいと思わないのでしょうか。
これが正しいと勘違いしている、頭でっかちな若者が増えてきたのでしょうか。
そういう子たちは前からいますけどね。有権者が間違えてしまうとこうなってしまうんですよね。

コーヒーを飲みながらクレジットを考えてました

コーヒーを飲むとき、冷水器に入れて飲んでいます。
ある時、気がついたのが、この水変えているのだろうか、ですね。
元々施設の管理人の備品を勝手に使っているのですが、利用者は秋からほぼいなくなります。
せん定だとか、害虫対策、秋も深まると毛虫対策に追われていきます。
そうなると、冷水器、一体何日水を変えていないのだろうと思ってしまいます。

最近、腸の調子がとてもいいと気がつきました。
何か深い理由でもあるのでしょうか。
まあ味に変化はないだろうと自分に言い聞かせています。

所で、クレジットって一枚はあった方がいいでしょうか。場合によりますね。
今、これくらい必要なんだけど、手持ちにないって場合は確かに助かりますよね、
どのクレジットを選んだ方がいいんでしょうかね。
返すのが遅いもの。早いもの。
元金と利息だと、遅い方がしみじみ取られていくと思っている方です。詳しくはないですが。

そんなに欲しいというものって、最初にリサーチしておけばある程度防げますよね。
多少、滞納しましたが、ちゃんと払っていますし、一回、全額返しておいて、それから、局所局所で使えばいいだけの事ですよね。
今、服が欲しいんですよね。10月になったら涼しさも増してくるでしょうし、トレーナーとか欲しいですね。

まだブログって書いていたいと思っています

障がい年金の話をしたのですが、ぶっちゃけ、ブログを一日何時間やって、一日いくらという目安設定は、本当にしておきたい所です。
まず承認率が高い所、目に見えて分かりやすい所です。

金額によって、考える内容が難しくなく、連続して書いていられる所も大事です。
一日の稼働時間を4時間と設定しておいて、その間、1000円と仮定すると、20円だったら、50記事書けばいいわけですよね。自分のタイピング速度が、何も考えず、一ブログ5分だとかなので、そう考えると、まあまあって所でしょうかね。
ブログ書く時、集中力って結構大事ですよね。

継続というか慣れ、後集中力だと思います。四時間って良い時間帯だと思っています。人間の集中力の限界があった気がしましたが、それに見合っているのなら、問題はないと思っています。

関係ないですが、鬼怒川の川が氾濫してしまったようですね。
うちの多摩川は氾濫しないようなシステムになっています。ただ、放水すると、ちょっとびっくりな水の量です。
鬼怒川に住んでいる人はほどほど大変ですね。

親父が川の傍、海の傍、山の傍、嵐がしょっちゅう来る所、雪がしょっちゅう降る所はいやだって言っていましたが、どこに住むのだろう。
ご飯食べますかね。

雨の日も楽しく過ごしたいですね!

このところ秋雨前線や台風の影響で雨の日が続いてまるで梅雨のようですね。
テレビでは連日雨や台風の被害が伝えられていて、日々暗い空で太陽が恋しい今日この頃です。

雨の日はどうしても憂鬱になりがちなので、何かひとつでも楽しみを作るようにしています。
例えばお気に入りのスイーツを食べる事や次の休日のためのお出かけプランを立てたりとちょっとウキウキする事をするようにしていて、今は秋の大型連休のプランを立てています。

雨で外に出るのが面倒な時はネットスーパーで買い物をしたり、雨の日の最近の1番の楽しみはピザ等のお食事系のデリバリーを注文する事です。
さすがに雨の日に毎回注文は出来ませんが、よく利用しています。

インターネットから注文すると割引になるお店もあるので、できるだけお得に利用できるお店を利用するようにしています。
お店によっては注文から配達までの進捗状況がインターネットで見れたりします。
注文から配達までにかかるだいたいの時間はわかりますが、この機能があると配達時間に合わせて食べる準備をする事が出来ます。
こんな便利なサービスがあるとは時代は進化しているな~と思います。

秋といえば行楽シーズンなので、早くこの雨の日続きから抜け出せるといいですね。
今日も雨なので、注文したピザを食べながら今後のお出かけのプランを引き続き立てようと思います。

境界性の人達のSNSにて

たまにクラウドな所に書いてある文章で「日本語として意味のなってない文章」という言葉に何か受けてしまいます。
どんな内容なのか分かりませんけど、日本語の意味になっている文章を書けばいいだけじゃないですか。
「小説や詩になっている文章」というのは少し分かります。
せいぜい、普通に世間の話とか、書いていれば気楽ではないですか。

以前書いたか覚えてないのですが、SNSで毒を吐いていました。
あれって暇つぶしにいいですね。ですが当時のDV女と取り巻きが多かったため、全部否定的になり、SNSいじめが始まりました。
ああいう人のいじめ方にはタイプが二つあります。
自分は理想の正しい人を話し始める人と、理想の正しい人なのに自分からいじめられている人、こうすると被害者が僕にされるのは分かりやすいと思います。
何も悪い事をしていない人を、正論で叩き潰すのには、悪い事をさせたように思わせて、それを散々否定しこき下ろすのか、ああいう人達のやり方だと今思っています。

普通の人は理想話ばかり書きません。
もっとSNSって使い方で楽しくなります。和気あいあいとやればよかったのにと思います。
彼らにはいじめる人がいないと、自分がきれいな人間でいられないのでしょうね。

他人は他人って思うと簡単にいきますよ

他人は他人、自分は自分って思ってしまうと、気楽なものです。
無視するより、適当にごまかしたり、聞いているふりをした方が角が立ちません。

でも確かに自分の病気というのは精神系ではなくても、自覚はあると思います。
そういう場合は、素直に休んだ方がいいです。
そこで介護者との問題が生じる場合もありますが、何と言われても休むべきです。
僕はよく寝ます。ストレスが強い時は、特に寝る事じゃないと、精神的に回復しないのです。
それを見ていた周りは、こいつはずっと寝てばかりで、何も出来ない障がい者なのだと判断してしまうようです。

それで他人は思うだけ思って、言いたいだけ言ってそれで終わりなのだなと強く思いました。
そういう一方的な人にも、一応やってもらった事には感謝してます。
関係ない事は、ごまかしますけどね。

優しい人はそれでいいのですけど、どうしてもこれから増えてくるうつや統合失調症への理解を示そうともしないで言ってしまうようですね。
剣道を理解しないで、かっこいいですね、と言われてもごく当たり前の練習をしている人から見たら、ああそうで終わるようなものです。

まあ、そんな感じで。うつの自分なんてもう1000回は余裕で言われて、その都度、苛々していましたが、どうしようもないのですね。こればかりは。

歩行者横断は横断歩道でマナーよく

今日から少し早い出勤になりました。なので一本早いバスに乗ることにしました。

道は少し渋滞していました。ただ待っていても一向に渡れる様子がないので、私は手をあげて少し渋滞して停車している片側まで渡りました。
反対側は特に気をつけなければいけません。手をあげているのですが、片方の車はなかなか止まってくれませんでした。

諦めかけたとき、やっと止まってくれました。でも今まで停車していた車が動きだそうとしていて、少しひやっとしました。
無理に渡ってはいけないと反省しました。始めから停車してくれていた方に対してひやっとさせてしまい申し訳ございませんでした。

道を良く見ると横断歩道がありました。これからは横断歩道で手をあげて渡ります。
歩行者でも、飛び出してしまったり、おもわぬ行動をしてしまったり、人事ではありません。今日の出来事で反省しました。

最近は自転車マナーを言われていますが、歩行者マナーも言われなくてもあるものです。飛び出し、急な方向転換。夜は反射するものをつけるなど、夜は特に自分はここに居るよとアピールしなければいけません。このくらいはいいだろうと考えるのは間違いです。車も、歩行者もルールを守りましょう。

魚のあらという貧乏な思い出

魚って美味しいと思う方でしょうかね。
焼き魚と煮魚、そして刺身だとかはどうでしょうか。

子供の頃、刺身が高級というワードを植え付けられて、ずっと刺身とは一般の人には食べられないものなのだと思っていました。
んで、友人Kの家でごく普通に刺身を頂いた時、理由が分からなかったとはいえ、本当に貧乏だったのだなと思います。

魚が食卓に上る場合、多いのが魚のあらという奴です。
八十年代くらいは魚屋というスーパーやコンビニ以前の行商のような人達が、軽トラに積んで来ていた時代でしたので、このあらというのを、よく祖母さんが買っていました。
あらを、濃く味付けすると、取り合えず魚っぽくなります。
あらって魚の肉がほとんどないものなのです。

次にしらすや、煮干しといった具合でした。
たまに甘露煮みたいのも出ましたけど、小さな僕には食べられるだけで幸せでしたね。

地元が小田原なので、アジが有名だと思いますが、確かにアジは結構食べられた記憶があります。アジの開きという言葉と、その味が未だに記憶に残っています。
刺身は普通に手に入るようになりましたね。どこにいってもタイムセールなんかで半額で買う事が出来ます。
魚の思い出ですが、要するに魚のあらくらいでごはんを食いつないでいたくらい貧乏という話です。

花火

最近近所で花火大会があり、久々に行ってきました。

何千発もの打ち上げ花火が夜空に飛ぶ姿はやはり絶景としか言いようがなく、きれいだなぁと純粋に感慨に耽っておりました。

私自身、花火を見るということはとても好きで機会があれば地元以外の他県の花火大会に行ってみたいと思います。

ただ、あまり遠出はしたくないタイプですのでできれば近所で済ませたいと思ってしまうのも事実です(笑)

そんなこんなで、今年の夏はまだ花火を一回しかみていませんし自分自身で友人と花火を一緒にしたりもしてません。

まだまだ夏はありますので花火であったり、BBQであったり夏だからこそできることをたくさん楽しみたいと思います。

屋台めぐりとかもしてませんので回りつかれるくらい回ってこようかと思います。

私個人としてはたい焼きが一番好きですので回っていく内においしいたい焼き屋さんに出会えたらベストです。今のとこ地元のが一番おいしかったりしますけどね。

 

後は他にも色々と食べたような気もしますがたい焼きの記憶と花火の記憶しかありませんのでどこがよかったとかあんまり覚えてないのが実際のところです(笑)

これからも暑い期間が続きますが、夏を謳歌する為に毎日楽しく頑張りたいと思います。