リフトアップ化粧品を選ぶポイント

シミやしわ、たるみなど、年齢を重ねてくるとどうしても肌の悩みは増えてきてしまいます。

そんな肌の悩みをしっかり改善するためには、有効な成分が含まれたリフトアップ化粧品を使ってケアしていきましょう。

どんな成分が入っているものがいいのかを紹介していきます。

参考サイト>>リフトアップ化粧品

乾燥を防ぐ保湿成分

肌トラブルの根源には肌の乾燥があります。

乾燥はシミやしわ、たるみなどを加速させてしまい肌のコンディションを低下させてしまいます。

エイジングケア化粧品に求めたいのは、乾燥をしっかりと防げる保湿成分です。

特に表皮の保湿に欠かせないセラミドを筆頭にコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれたものを選びましょう。

シミ対策には美白成分

シミやくすみが気になっているなら、有効な美白成分が入ったリフトアップ化粧品がおすすめです。

ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸など、厚生労働省から認可されている美白成分入りのものだと、メラニンを抑える効果にも優れています。

このような成分が含まれた化粧品は薬用化粧品や医薬部外品と明記されていますから、チェックしてみると良いでしょう。

コラーゲンを増やす成分

しわやたるみが起きてしまうのは、肌の土台を支えているコラーゲンが減ってしまったからです。

20代後半から減少し始めるコラーゲンは40代になると、20代の頃の約半分くらいしか作られなくなります。

そのため、コラーゲンを増やす成分を補ってあげて、肌のハリや弾力を取り戻すのが効果的です。

ビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタなどにはそのような作用がありますから、これらが入っているものを使いましょう。

抗酸化作用のある成分

加齢によって活性酸素が増えてしまうと、肌の正常な細胞が酸化してしまって肌老化が起きてしまいます。

りんごを空気中に放置しておくと切り口の色が変わってしまうのが酸化で、肌の内部でもこれと同じようなことが起きています。

肌細胞が正常な働きをできなくなりますから、どんどん肌は老化していってしまいます。

これを引き起こしているのが活性酸素です。

肌内の活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある成分が含まれた化粧品を使うことで改善してくれます。

ビタミンC誘導体やビタミンE、コエンザイムQ10やプラセンタなど、抗酸化成分はたくさんあります。

また、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンやフラーレンなどの注目の成分が入っているとなお役立ちます。

紫外線対策の重要性

エイジングケア化粧品でのケアに加えて、肌の老化を防ぐのに重要なのが紫外線です。

肌老化の約8割は紫外線によるものですから、スキンケアと同じくらい紫外線対策も重要です。

日焼け止めやUVカット化粧品を使って紫外線からしっかりと肌を保護してあげて、シミやしわ、たるみを増やさないよう心がけましょう。

さいごに

リフトアップ化粧品を選ぶ時には、自分の肌の悩みに合ったものを選ぶのが大切です。

シミなら美白に優れたもの、しわやたるみならコラーゲンを増やすものなど、悩みに特化した化粧品選びをして、若々しい肌を保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です