30代女である私のニキビ改善方法

“30代に入った頃から吹き出物や大きなニキビ、鼻のきわ周辺の白ニキビに悩まされるようになりました。

ニキビ跡の引きも遅く、赤いにニキビ跡がずっと2ヶ月程は残ったままで何とか改善する方法を探していました。

ホルモンバランスがおかしくなっているのもニキビが出来る原因の一つだと思い、漢方薬を飲用することにしました。

皮膚科で処方してもらっている漢方薬はツムラ漢方薬125番「桂枝茯苓丸加?苡仁」とツムラ漢方薬23番「当帰芍薬散」です。

特に125番はお肌の調子を良くしてくれる作用があり、23番は女性ホルモンのバランスを整えてくれる漢方薬です。

飲み始めるとお肌の顔色が明るくなり、吹き出物が出来る回数が随分と減りました。

ニキビのことでしたら「プロアクティブ」「よか石けん」などが有名です。

次に基礎化粧品も変え、それに加えて白ニキビに効果があると言われるレズベラトロールも試してみました。

シュラメックの「レスベラセルコンセントレイト」です。

顎全体にあった白ニキビが今では顎の中心直径1cmぐらいにまで減少し、鼻のきわ周りの白ニキビと赤みも徐々にひいてきています。

大きくなってしまった大人ニキビには皮膚科で処方してもらえる「アクアチムクリーム」を使用、大きくなる前に処方すると、それ以上大きくならない優れものです。

食品としてはニキビの化膿止めとして「大葉」を2~3枚食べることを2・3日続けると効果があります。毒だし効果もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です