歩行者横断は横断歩道でマナーよく

今日から少し早い出勤になりました。なので一本早いバスに乗ることにしました。

道は少し渋滞していました。ただ待っていても一向に渡れる様子がないので、私は手をあげて少し渋滞して停車している片側まで渡りました。
反対側は特に気をつけなければいけません。手をあげているのですが、片方の車はなかなか止まってくれませんでした。

諦めかけたとき、やっと止まってくれました。でも今まで停車していた車が動きだそうとしていて、少しひやっとしました。
無理に渡ってはいけないと反省しました。始めから停車してくれていた方に対してひやっとさせてしまい申し訳ございませんでした。

道を良く見ると横断歩道がありました。これからは横断歩道で手をあげて渡ります。
歩行者でも、飛び出してしまったり、おもわぬ行動をしてしまったり、人事ではありません。今日の出来事で反省しました。

最近は自転車マナーを言われていますが、歩行者マナーも言われなくてもあるものです。飛び出し、急な方向転換。夜は反射するものをつけるなど、夜は特に自分はここに居るよとアピールしなければいけません。このくらいはいいだろうと考えるのは間違いです。車も、歩行者もルールを守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です